国内外のヘヴィロックおすすめ【8選】

皆さんのヘヴィロックのイメージは
どんなものがありますか?

とてつもなく激しい音楽
・・・というイメージが
多いのではないのでしょうか?(笑)

そもそもヘヴィロックとは、
ラウドロックともよばれ、
ヘヴィメタルやハードコアなどから
派生したロックのジャンルの一種と言われています。

ジャンルのとして、
ミクスチャーロック、モダンヘヴィネス
などと同様に並べられることもあるかと思います。

今回はそんなヘヴィロックの
カッコ良さを知って頂けるように、
私が厳選した国内外のヘヴィロックの
おすすめバンドを8つ紹介します。

国内外のヘヴィロックおすすめ【8選】

国内外のヘヴィロックの中から
私が厳選したおすすめの
ヘヴィロック8選を
まとめてご紹介していきます!

  1. Slipknot
  2. Crossfaith
  3. マキシマム ザ ホルモン
  4. Metallica
  5. SiM
  6. The Used
  7. System of a Down
  8. ONE OK ROCK

Slipknot

まずは、ヘヴィロックといえば
Slipknotから紹介します。

Slipknot は1995年に結成された
9 人組のバンドです。

1999年1stアルバムの「Slipknot」をリリースすることで
メジャーデビューをしました。

当初からかなりのセールスがあり、
メジャーデビュー時より人気バンドの仲間入りを
果たしています。

その証拠に初来日は、
メジャーデビューのわずか1年後の2000年です。

さらにこのバンドは外見にかなり特徴があります。

奇抜なマスクを被ってヘビーな演奏をしていることでも
有名です。

近年は主催フェスである、
「Knotfest」を日本で開催するなど
日本にはよく来日をしており、
海外のヘヴィロックと日本のバンドの共演を
果たしています。

Crossfaith

続いては、
Crossfaith を紹介します。

Crossfaith は2006年に大阪にて
結成をされた5人組のバンドです。

このバンドは逆輸入バンド
言っても過言ではないでしょう。

海外でよく、
Crossfaithはフェスに出ておりますが、
彼らはなんとメインステージにて
演奏を行うほど海外で人気です。

そして、その人気を持って、
日本でもどんどん活動を広げており、
2015 年に発売の4thアルバム「XENO」で
メジャーデビューを果たしています。

4th アルバム発売におけるツアーでは
BRAHMANなどの日本でも
名だたるバンドと対バンを見せ、
一躍人気を見せているバンドです。

今や日本でもフェスに引っ張りだこのバンドです。

マキシマム ザ ホルモン

続きましては、
マキシマム ザ ホルモンをご紹介します。

マキシマム ザ ホルモンは
1998年に結成された 4 人組バンドで、
2004年にメジャーデビューを果たしている
バンドです。

ヘヴィな音やヘヴィな外見とは裏腹な面を
持ち合わせているバンドです。

ドラムのナヲとマキシマムザ亮君は
兄弟だったりマキシマムザ亮君のギターは、

ヘヴィな音楽ではギターのチューニング
を少し低音が出るように低めに設定するものを
通常通りのレギュラーチューニングで演奏するなどです。

さらに、5thアルバムの「予襲復讐」を
発売の際はレンタルと配信をバンド側が
全面的に禁止した上で発売し、

15万枚のセールスを記録するなど、
話題性を多く提供してくれるバンドでもあります。

Metallica

続いては、
Metallica をご紹介いたします。

Metallica は1981年に結成された
4人組バンドです。

5th アルバムの「Metallica」が
全世界で2000万枚の売り上げ
記録したことで有名となったバンドです。

3rdアルバム「Master of Puppets」が、
アメリカにて国家保存重要録音登録制度によって、
アメリカ議会図書館に2016年に登録をされた
経歴も持つ偉大なバンドでもあります。

ちなみに、
アメリカ議会図書館に登録されたバンドの中で、
ヘヴィメタルのバンドで初めての登録です。

さらに、
ロックの殿堂にも登録済みのバンドという
伝説的なバンドです。

SiM

続いてはSiMを紹介します。

SiMは2004年に結成されたバンドであり、
2013年にメジャーデビューを果たしたバンドです。

このバンドにはストーリーがかなりあるバンドです。

まず、2010 年にSHOW-HATEが
脳梗塞で倒れました。

さらに同時期にレコード会社から
契約を解除されてしまった経験を持っています。

それでもめげずに SiM は活動を続け、
2011 年に発売したアルバムの中の曲
「KiLLiNG ME」が話題沸騰し、
人気を博した努力家のバンドです。

現在ではメジャーデビューを
見せてからというもの活躍をかなり見せており
フェスのトリを務めるほどの人気を得ているバンドです。

The Used

続いて The Used を紹介いたします。

The Used は 2001 年に結成された
4人組バンドです。

John Feldmann は
ONE OK ROCK のプロデュースなどで
知られるプロデューサーですが、

そのJohn Feldmann にデモを送理、
その才能を認めたことから、
レコード会社に John Feldmannが紹介し、
レコード会社との契約を勝ち取ったバンドです。

そんな契約を勝ち取った 1st アルバムの
「The Used」は 100 万枚の売上を見せて
一躍有名になりました。

現在はそんなレコード会社も
Hopeless Records に移籍しており、
5th アルバムの「Vulnerable」をリリースしても
なおアメリカでアルバムチャート 4 位に入るなど
衰えを見せないバンドです。

System of a Down

System of a Down(システム・オブ・ア・ダウン)は
1994年に結成された
アメリカ出身のロックバンドです。

バンド名は、ダロン・マラキアンの書いた
『VICTIMS OF A DOWN』という曲に由来しています。

メンバー全員がロサンゼルスの
アルメニア・コミュニティ出身であり、
社会的・政治的メッセージの強い歌を歌うことで有名です。

2001年9月に発売した2ndアルバム
『毒性』は全米初登場第1位を獲得しています。

また、2006年2月『メズマライズ』からの
シングルカット曲「B.Y.O.B.」はグラミー賞で
「ベスト・ハードロック・パフォーマンス」賞を獲得しました。

2015年には以前からバンドが認知に貢献してきた
アルメニア人虐殺の100周年にちなんだ
Wake Up The Soulsツアーを行い、

4月23日には母国・アルメニアで
初のライブを行い、2時間で37曲を披露しました。

同公演は無料で開催され、
ネット上にて中継されました。

ONE OK ROCK

ONE OK ROCKは4人組の
日本のロックバンドで所属レーベルは
日本国内ではA-Sketch、
海外では フュエルド・バイ・ラーメンとなっています。

結成当時、練習スタジオに入るのが、
深夜パックで料金が安くなる毎週末の午前1時
(one o’clock)だったことから、

o’clock部分をOKとROCKに置き換え、
「ひとつの良いロック」にかけて
名付けられたのが由来です。

2010年にリリースした4thシングル
「完全感覚Dreamer」は
初のオリコン週間チャートトップ10入りを果たします。

また、同年に初となる日本武道館での
ワンマンライブを行いました。

それからというもの勢いは止まらず
2014年には過去最大規模となる
全国6カ所11公演の10万人を動員する
アリーナツアーを開催しています。

Spotifyが発表した2017年間ランキングでは
日本国内で最も再生されたアーティストの1位、
海外で最も再生された国内アーティスト1位に輝きました。

まとめ

ヘヴィロックの名曲
今回は国内外ヘヴィロックバンドの中から、
私が厳選したおすすめの

  • Slipknot
  • Crossfaith
  • マキシマム ザ ホルモン
  • Metallica
  • SiM
  • The Used
  • System of a Down
  • ONE OK ROCK

を紹介しました。

この記事が皆さんの国内外ヘヴィロックバンドに
興味を持つきっかけになればと思います。

 

関連記事

  1. 注目バンド

    【2018年】注目の若手バンドまとめ

  2. メタルバンド

    ガールズメタルバンド「Conquer Divide」とは?【魅力をたっ…

  3. イタリアの人気バンド

    イタリアの人気バンド【まとめ】

  4. メイドのメタルバンド

    ガールズメタルバンド「BAND-MAID」とは?【結成から現在に至るま…

  5. 夏に聴きたい!おすすめのボカロ曲15選【ぴったりの曲をご紹介します】

  6. アメリカの人気バンド「Green Day(グリーン・デイ)」ってどんな…

  7. 今聞くべき日本のポストロックバンド【7選】

  8. カバー曲を歌っているyoutuberまとめ【オススメ10選をご紹介しま…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA