Stevie Ray Vaughan(スティーヴィー・レイボーン)の使用機材

ブルース界の大御所スティーヴィー・レイボーンの使用機材です。

スティーヴィーの独特なトーンの秘密は、太いギター弦にあります。

所有ギターに一弦が.013から始まる太い弦を張り、殆どの曲で半音下げチューニングにしてする粘りのあるチョーキングは彼の醍醐味と言っても過言ではありませんがおそろしく握力が必要なため常人には真似は難しいでしょう。

またピックの先端ではなく丸みのある部分で弾いていたことも有名です。

  • 1962 Fender Stratocaster
  • Charley Wirz Lipstick Special Custom
  • Dumble 4×12 Slant Cabinet
  • Dumble 4×12 Straight Cabinet
  • Dumble Steel String Singer
  • Fender Medium Picks
  • Fender Super Reverb
  • Fender Vibrato & Reverb Switch
  • Fender Vibratone – Rotary Speaker Cabinet
  • Fender Vibroverb 1×15 Combo
  • GHS Nickel Rockers
  • Ibanez TS-9 Tube Screamer
  • Marshall Major Head
  • MXR Loop Selector
  • Vox Wah

関連記事

  1. ザウター (SAUTER)とは?

  2. グランドピアノの値段の相場は?

  3. ベヒシュタイン(BECHSTEIN)とは?

  4. 場所を選ばないおすすめのジャズピアノの名曲10選

  5. プレイエル (PLEYEL)とは?

  6. ベーゼンドルファー(BOSENDORFER)とは?

  7. ファツィオリ(FAZIOLI)とは?

  8. ボストンピアノ(Boston Piano)とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA