グランドピアノの歴史について

皆さんはピアノのことを
「楽器の王様」(或いは女王様)
と呼ばれているのは、ご存知でしょうか?

ピアノ一台で音楽の3要素である

  • メロディー
  • ハーモニー
  • リズム

全て表現することができ、ピアノの鍵盤数の88鍵は、
オーケストラの全楽器の音域の音を出すことができます。

となれば、
ピアノが「楽器の王様」と言われるのも納得です。

今日はその「王様」ピアノから、
グランドピアノの歴史について説明したいと思います。

世界最古のグランドピアノ

世界最古のグランドピアノは、
1709年頃に造られたと言われています。

チェンバロの製作者であったイタリアのバルトロメオ・クリストフォリが、
ピアノ(弱く小さい音)も、フォルテ(強く大きい音)も出せる
チェンバロを造ったのが始まりです。

チェンバロは、クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ
(音の強弱を出すことの出来るチェンバロ)と名づけられました。

「ピアノフォルテ」「フォルテピアノ」
という呼ばれ方もしてきましたが、現在はさらに名前を略して
「ピアノ」と呼ばれているのです。

そのため、
チェンバロとグランドピアノは、とてもよく似た形をしています。

続いて、ドイツでは1730年代半ばに、オルガン製作者の
ゴットフリート・ジルバーマンがグランドピアノを製作しました。

ジルバーマンは、J.S.バッハの指摘を受け、グランドピアノの改良を繰り返したのです。

そして、1770年代にはイギリスで、1796年にはフランスでグランドピアノが
作られるようになりました。

日本最古のグランドピアノ

日本にある一番古いグランドピアノは、
1865年にアメリカのスタインウェイ&サンズが製作したものです。

1871年に日本に輸入され、
現在は水戸市の茨城県立歴史館に置かれています。

傷みがひどかったものを修復したので、
今でも十分な音色を奏でることが出来ます。

コンサートや体験演奏に使われていて、今も多くの人がその音色に触れています。

また、2005年に奈良女子大学で発見されたグランドピアノは、
大学創立当時の1909年に購入されたもので、こちらも日本最古級です。

奈良女子大の記念館に保存されている現役ピアノで、今も展示や演奏がされています。

グランドピアノの改良

昔のグランドピアノは、白鍵(白い鍵盤)に象牙を、
黒鍵(黒い鍵盤)には黒檀という植物が貼られていました。

鍵盤の先にあるハンマー状のアクションと呼ばれる部分には、
木材が使われています。

しかし、今のグランドピアノは、鍵盤に合成樹脂、
アクション部分にはABS樹脂が使われています。

アクションの部分は、音を鳴らす時に一度下がり打ちますが、
また、すぐに戻って次の打鍵に備えなければなりません。

この戻るスピードが遅いと、上手く演奏が出来ないのです。

長いグランドピアノの歴史の中で、アクション部分は改良が重ねられ、
すばやく同じ音を連打することが可能になりました。

世界3大ピアノメーカーとは

グランドピアノを扱うメーカーは世界に数多く存在します。

その中で、世界3大ピアノメーカーと言われる

  • ベヒシュタイン
  • スタインウェイ&サンズ
  • ベーゼンドルファー

を少しだけ説明します。

ベヒシュタイン

まず、ベヒシュタインというメーカーについて紹介します。

ベビシュタインはドイツのピアノメーカーで、
1853年に創業した歴史ある会社です。

創業者のカール・ベビシュタインは、
フランスの最先端のメーカーでピアノ造りのやり方を学び、
その後、いくつものメーカーを立ち上げました。

1900年頃の生産ピーク時には、
年間3500台のピアノの生産をしていました。

スタインウェイ&サンズ

スタインウェイ&サンズは、
同年の1853年にヘンリー・スタンウェイが
創設したドイツ・アメリカに本社を置くメーカーです。

手工業から始まり、音響工学を設計に初めて組み込んだ会社で、
そのピアノの内部は特徴的な構造をしています。

19世紀末までに、多くの特徴的な構造を確立し、
幅広い音楽ジャンルに対応出来るピアノを生産してきました。

ベーゼンドルファー

ベーゼンドルファーは、音楽の都と呼ばれるオーストリアのウィーンで、
イグナーツ・ベーゼンドルファーが1828年に創業したメーカーです。

3大ピアノメーカーの中では、最も歴史あるメーカーとなります。

「愛の夢」などで知られるフランツ・リストの激しい演奏にも
耐えられる当時の中でも珍しいグランドピアノは、
リストと共に世界的なピアノとなりました。

現在は、グランドピアノの中でも、様々なモデルの製品を造っています。

まとめ

今回はグランドピアノについてお話しました。

イタリアのチェンバロ製作家によって造られ、
各国で更なる進化をしていきました。

現在でも、ピアノの心臓部である響板(きょうばん)はもちろん、
鋼(はがね)で作るフレームや細かい部品にいたるまで、
科学的な研究や実験が繰り返され、大きく進化しています。

アップライトピアノと電子ピアノが、グランドピアノに追いつこうと
進化を続けているように、グランドピアノも進化をしています。

「完成された楽器」と言われることもあるピアノですが、
より良い響きを持たせるために今日も改良が進められています。

関連記事

  1. アップライトピアノの歴史について

  2. 電子ピアノの歴史について

  3. ブリュートナー (Bluthner)とは?

  4. 美しいクラシックピアノ珠玉の名曲10選

  5. グランドピアノとは

  6. スタインウェイ(STEINWAY&SONS)とは?

  7. 電子ピアノとは?

  8. アップライトピアノとは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA