「Joe Flizzow(ジョー・フリゾウ)」はどんなアーティスト?【マレーシアhip-hop界の大御所】

マレーシアhip-hop界の大御所的存在として知られているのが、「Joe Flizzow(ジョー・フリゾウ)」です。

日本でもアルバムを出したことがあるので知っている方もいるのではないでしょうか?

 

Joe Flizzowは、マレー系マレーシア人のhip-hop・ラップアーティストで、ジョホールバル出身です。

国内に9つの店舗を持つ理髪店や、レコードレーベルを経営しており、活躍は音楽だけにとどまりません。

 

2015年にリリースしたシングル「Apa Khabar」が大ヒットし、音楽賞も受賞したことで、各音楽イベントに引っ張りだこになったアーティストでもあります。

アーティストとして、ソング・チャンピオン賞や音楽産業賞など数々の賞を受賞しています。

 

そんな、マレーシアの人気アーティスト「Joe Flizzow(ジョー・フリゾウ)」について、誕生から現在に至るまで詳しく解説していきます!

また、オススメ曲もご紹介しますので是非最後まで読んで下さいね♪

 

 

マレーシアの「Joe Flizzow(ジョー・フリゾウ)」はどんなアーティスト?

マレーアシアの男性アーティスト「Joe Flizzow(ジョー・フリゾウ)」って一体どんなアーティスト?という事で、

ここからはReshについて魅力をたっぷりお伝えする為に徹底解説していきます♪

  • マレーシアのアーティスト「Joe Flizzow」の基本情報
  • マレーシアのアーティスト「Joe Flizzow」の誕生
  • マレーシアのアーティスト「Joe Flizzow」の現在に至るまで
  • マレーシアのアーティスト「Joe Flizzow」のオススメ曲は?

 

マレーシアのアーティスト「Joe Flizzow」の基本情報

 

  • 生誕:1979年10月16日
  • 出身地:マレーシア
  • 出生名:ヨハン・イシャク
  • 職業:hip-hop、ラップアーティスト

 

マレーシアのアーティスト「Joe Flizzow」の誕生

Joe Flizzowはもともと、ヒップホップデュオトゥファットのメンバーとして、1990年代ごろから活動を行なっていました。

2007年にKany WestのオープニングAPIを最後に、「Joe Flizzow」としてのソロ活動が始まりました。

こうして、Joe Flizzowというソロアーティストが誕生したのです。

彼は元TV3の司会者であるイシュク・ネンガの息子でもあります。

マレーシアのアーティスト「Joe Flizzow」の現在に至るまで

マレーシアのソロアーティストとして活動を始めたJoe Flizzowのファーストアルバム「President」は、2008年12月にWarner Music Malaysiaによって発売されました。

このアルバムはHady MirzaとTerry Tye Lee、Singapura、Thaitanium(タイ)、upstair(インドネシア)、Jin(米国)とマレーシアのPhlowtronなど、アーティストとコラボレーションしたものでした。

 

2013年11月7日にリリースされたアルバム「Havoc」は、Amy Search、Rossa、Altimet、SonaOne、Syaheed、Ajai、DJ Biggie、Yasin Sulaimanとのコラボレーションで、14曲のマレー・ソングが特集されました。

アルバムの最初のシングル、「Havoc」はiTunesのマレーシアチャートで上位を記録しました。
2015年の初めには、第29回チャンピオン賞の最優秀曲にも輝いています。

さらに、What Khabarも第21回音楽産業賞でベストヒップホップソングを受賞しています。

 

Joe FlizzowはKartel Recordsの創業者としても活動を始め、 音楽のほかにもSubang JayaにあるJoe’s BarbershopやJoe’s Kitchenなどの企業と共同し、ビジネスを開始しました。

2018年4月には、Hans Isaac、Awal Ashaari、Neelofa、Maya Karin、Nora Danish、Scha Al-Yahya、Kavita Sidhuを含む他の地元の有名人とサイバー・ラベリングやソーシャルメディアへの偽のニュースの広がりに反対するキャンペーンにも参加しています。

 

マレーシアのアーティスト「Joe Flizzow」のオススメ曲は?

そんな、マレーシアの人気アーティスト「Joe Flizzow(ジョー・フリゾウ)」のオススメ曲は、『Apa Khabar』です。

この曲は、Joe Flizzowの中でも大ヒットした曲で、音楽賞も受賞した曲です。
各音楽イベントでもたくさん使われて来た曲でもあります。

是非一度視聴してみてください♪

 

まとめ

こちらではマレーシアの人気アーティストであり、マレーシアの男性アーティストである「Joe Flizzow(ジョー・フリゾウ)」について、誕生からおすすめ曲まで魅力をたっぷりご紹介しました。

これを記事がマレーシアのアーティストについて、Joe Flizzowについて興味を持つきっかけとなれば幸いです。

 

また、マレーシアのバンドやアーティストについて、他のバンドやアーティストも知りたい!聞いてみたい!という方は、
マレーシアの人気アーティスト&バンド【まとめ】の記事にまとめてありますので是非読んでみて下さい♪

 

 

 

関連記事

  1. メタルバンド

    ガールズメタルバンド「Conquer Divide」とは?【魅力をたっ…

  2. カバー曲を歌っているyoutuberまとめ【オススメ10選をご紹介しま…

  3. 海外のジャズシーン

    海外のおすすめジャズバンド【7選】

  4. ボカロキャラを一覧でご紹介♪【人気のボカロキャラは誰?】

  5. 国内外のヘヴィロックおすすめ【8選】

  6. 意外に簡単!ギターの“弾いてみた”動画の作り方

  7. ガールズバンド「CHAI(チャイ)」の魅力をご紹介します!【NEO可愛…

  8. アメリカの人気バンド「Earth Wind and Fire(アース・…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA