イタリアの人気バンド

イタリアの人気バンド【まとめ】

皆さんはバロック音楽
という言葉を知っていますか?

「彫刻や絵画等と同じように
速度や強弱、音色などに対比があり、
劇的な感情の表出を特徴とした音楽」
とあります。

そんなバロック音楽を受け継いだ国
イタリアのバンドは、イタリアンロックと言われ、
注目を集めています。

今回はそんなイタリアで
有名・話題のバンドの中から私が厳選した
注目人気バンドをご紹介します。

イタリアの人気バンド【まとめ】

イタリアの数あるバンドの中から
時代を問わずに活躍する
私が厳選した7つのバンドを
まとめてご紹介していきます!

  • I Pooh
  • Goblin
  • VANILLA SKY
  • MELODY FALL
  • Fleshgod Apocalypse
  • Area
  • LAST DAY BEFORE HOLIDAY

I Pooh

I Poohは1966年に結成された5人組バンドです。

I Poohは、イタリアの国民的バンドで、
80年代以降はスタジアムレベルの会場を
満員にしてきた実力を持っています。

1994年には、
ローマ国王の前で演奏をしたことでも知られています。

代表曲は「Parsifal」が有名です。

日本でも人気を見せており、
2012年には来日公演を果たしています。

常にイタリアのポップ界のトップで走り続け、
44人のオーケストラを贅沢に使った
アルバムを作成したりしています。

しかし、結成50年である、
2016年に活動停止してしまいましたが、
それまで、実に50年もの間活動を続けてきました。

その最後のツアーの模様を収めたアルバムをリリースし、
その活動の集大成を見せた後に活動停止という、
まさに伝説と化したバンドです。

Goblin

続いては、異色の映画音楽で有名に
なっているバンドGoblinについて紹介いたします。

メンバーの入れ替わりが激しく、
活動期間もまちまちなバンドです。

映画「Zombie」のサウンドトラックや、
11分を超える曲である「Goblin」は人気です。

Goblinは普通のバンドとは違い、
プログレッシブというジャンルである、
いわゆる実験音楽の要素が
強い音楽を演奏するバンドです。

そして、映画音楽が有名という特徴から、
2016年には日本でGoblinが
音楽を担当した映画である
「サスペリア」を上映した後に、

Goblinがサスペリアの曲と、
ライブ初公開曲を演奏する
というライブを開催しています。

なかなか、映画音楽だけで有名になるという
パターンのバンドは全世界を見ても
あまり聞くことはないのではと思います

VANILLA SKY

続いては、
イタリアを代表するポップパンクバンド、
VANILLA SKYを紹介します。

2003年に活動を開始した、
4人組バンドです。

このバンドが有名になった
エピソードがとても現代的です。

Rihannaの「Umbrella」のカバーを
You Tubeにあげて有名になったことが、
きっかけとなったというのは有名な話です。

2011年には彼らは
「Punk Is Dead」という
カバーアルバムを出しています。

イタリアの中でパンクというジャンルは
あまりいない中で、

カバーという側面から
押しあがって世界で有名に
なっている特異な
バンドです

日本でも同じ形で有名になった
Allisterもいるのでこの形で
有名になっていくバンドもこれから
多いのかもしれません。

MELODY FALL

続いては、
イタリア発のヨーロッパを代表する
ポップパンクバンドの
MELODY FALL」を紹介します。

2003年に活動を開始した
4人組ポップパンクバンドです。

MELODY FALLは
基本的には英語で歌って
ワールドワイドに活動をしていますが、

イタリア語で歌うアルバムも
イタリア国内にリリースして、
イタリア国内でも積極的に活動しています。

さらに彼らは大の親日家であり、
なんと、初音ミクの「千本桜」を日本語で
カバーをしていたりしおり、
何度も来日公演を行ってくれています。

そんな彼らの特徴はやはり、
ポップパンクということもありますが、
やはりメロディです。

彼らはインタビューにて
「イタリア人の得意分野はメロディ」
答えていることもあり素晴らしいものがあります。

日本での人気上昇が間違いなしのバンドです。

Fleshgod Apocalypse

Fleshgod Apocalypse
2007年に結成された4人組の
テクニカル・デスメタルバンドです。

従来のブルータル・デスメタルや
テクニカルデスメタルに、オペラティックな
ハイトーン・ボーカルやクラシカルなギターソロを導入し、

シンフォニックメタルに由来する
メロディアスかつシンフォニックな要素と
ブルータルかつテクニカルな要素を
融合させた音楽性が特徴です。

2011年8月にリリースされた
2ndアルバム『Agony』は日本コロムビアが
日本盤をリリースしたことで
日本デビューを果たしました。

また2016年にリリースされた
4thアルバム『King』もワードレコーズ傘下の
レーベル・ケイオスレインズが日本盤が
リリースしており大変人気があるバンドです。

2014年、2015年、2017年には
日本公演も行われています。

Area

Areaは1972年に結成された
プログレッシブ・ロック/ジャズ・ロックバンドです。

イタリアン・プログレ勢の中でも
とりわけフリー・ジャズ色の強いバンドで
「International POPular Group」という
自称に恥じない無国籍的な
アヴァンギャルド・ミュージックを展開しました。

その歌唱力と楽奏はともに
高い評価を得ています。

フリージャズと民族音楽を取り入れた
音楽性は当時珍しく
一般的なジャズ・ロックよりも狂騒的かつ
エネルギッシュなサウンドが特徴的です。

2013年4月にはアレアとして初来日し、
「イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル 最楽章 2013」
のトリをつとめました。
また、9月にも再来日している。

同国のジャズ・ロック史においては
未だに代表的な位置を占めているバンドです。

LAST DAY BEFORE HOLIDAY

最後は、日本でも人気を博している
LAST DAY BEFORE HOLIDAY
を紹介します。

彼らは2007年から活動を開始した
ポップパンクバンドです。

このバンドの特徴はポップパンク的な
グッドメロディな曲もさることながら、
少しオルタナティブな要素を取り入れていることから、
刺々しい曲もあることが特徴です。

このバンドはMELODY FALLと
仲良しということですがそれに関係なく、
MELODY FALLとは同等に並んでいて、
さらに違った要素があるバンドです。

イタリアのポップパンクは
VANILLA SKYが切り開いたと言われていますが、
その後継者が待ち望まれていました。

まさにその道を歩んでいるのが
このLAST DAY BEFORE HOLIDAYになります。

イタリアのポップパンク界を
さらに盛り上げ世界にもその勢いを
届けるバンドとなるでしょう。

まとめ

今回はイタリアの人気バンドまとめということで、

  • I Pooh
  • Goblin
  • VANILLA SKY
  • MELODY FALL
  • Fleshgod Apocalypse
  • Area
  • LAST DAY BEFORE HOLIDAY

をご紹介しました。

この記事でイタリアのバンドも含め、
洋楽ロックにハマってくれたら幸いです。

そして、イタリア以外の国も熱いバンドは
たくさんあります!

他の国のバンドについても書いているので、
是非見てくださいね(^^)

関連記事

  1. ボカロキャラを一覧でご紹介♪【人気のボカロキャラは誰?】

  2. 「Joe Flizzow(ジョー・フリゾウ)」はどんなアーティスト?【…

  3. アメリカの人気バンド「Earth Wind and Fire(アース・…

  4. おすすめの洋楽カバーランキングTOP15!

  5. ボカロ出身の実力派アーティスト6組を詳しく解説します!【まとめ】

  6. ヘヴィロックバンド「Crossfaith」を解説!【日本でも活躍中の逆…

  7. マイク

    今聞くべき海外のおすすめポストロックバンド【7選】

  8. 邦楽メロコアバンド【7選】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA