メタルバンド「Blue Murder(ブルー・マーダー)」ってどんなバンド?【日本のオリコン6位を記録したバンド】

あなたは、メタルバンド「Blue Murder(ブルー・マーダー)」を知っていますか?

実は既に解散してしまったバンドですが、日本のオリコンでも6位を記録し、日本のライブを最後に解散した、関わりのあるバンドです。

 

こちらでは、そんなメタルバンド「Blue Murder(ブルー・マーダー)」ってどんなバンド?について結成から現在まで詳しく解説します。

また、オススメ曲もご紹介しますので是非最後まで読んで下さいね♪

 

 

メタルバンド「Blue Murder(ブルー・マーダー)」ってどんなバンド?

 

メタルバンド「Blue Murder(ブルー・マーダー)」って一体どんなバンド?という事で、ここからはBlue Murderについて魅力をたっぷりお伝えする為に徹底解説していきます♪

  • メタルバンド「Blue Murder」の結成
  • メタルバンド「Blue Murder」の現在に至るまで
  • メタルバンド「Blue Murder」のオススメ曲は?

 

メタルバンド「Blue Murder」の結成

メタルバンド「Blue Murder(ブルー・マーダー)」は、ホワイトスネイクに在籍していたジョン・サイクスを中心に1987年5月に結成されました。
同じく元ホワイトスネイクのコージー・パウエルと、元オジー・オズボーンバンドのフィル・スーザンが加わった3ピースバンドでした。

 

結成初期にスーザンが脱退し、後任として元ザ・ファームのトニー・フランクリンが加入します。
さらにボーカルとして当初トニー・マーティンが参加しますが、ブラック・サバスへ加入してしまったため、代わりにレイ・ギランが加わり、4人体制で曲作りやデモ作り行なっていました。

しかし、今度はギランがマネージメントの意向により解雇され、その後キング・コブラのマーク・フリー、トライアンフのリック・エメットと激しいメンバーチェンジが行われました。

 

パウエルはそのやり方に疑念を抱き、後任のボーカルが見つからないこともあって脱退してしまい、結局ボーカルはサイクス自身が取り、後任ドラマーとしてカーマイン・アピスが加入します。

こうして、サイクス、フランクリン、アピスのスリーピースバンドが確立します。

バンドは1989年に1thアルバム『Blue Murder(ブルー・マーダー)』でデビューを飾りました。

 

メタルバンド「Blue Murder」の現在に至るまで

Blue Murder(ブルー・マーダー)のリーダーであるサイクスは、800万枚を売り上げ、×8プラチナムとなったアルバム『白蛇の紋章〜サーペンス・アルバス』の立役者だった為、レコード会社は多大な期待を寄せていました。

しかしツアーは盛況であったものの、アルバムは期待に程遠い売り上げとなってしまい、次のアルバムもいつまでも完成しませんでした。

 

バンドに限界を感じたアピスとフランクリンが1992年に脱退してしまい、新たにマルコ・メンドーサとトミー・オスティーンが加入しました。

そしてアルバム『ナッシング・バット・トラブル』を発売すると、日本でオリコン6位まで上昇しますが、イギリスでの短いプロモーションと日本でのライブをもってバンドは解散しました。

 

解散後、2004年にBlue Murderが来日公演がする、とアナウンスされオリジナル・ラインナップでの再結成実現が期待されましたが、単なるツアー成功のための仕込みでした。

実際のショーの内容もBlue Murder(ブルー・マーダー)ではなく、ジョン・サイクスの歴史を振り返る集大成的なものでした。

 

2007年2月11日のニューヨークのラジオ番組で、エディ・トランクが「Blue Murderがオリジナルメンバーでの再結成に向けて動き出している。」と語ったことから再結成話が再燃しましたが、未だ実現する様子はありません。

 

メタルバンド「Blue Murder」のオススメ曲は?

そんなメタルバンドBlue Murder(ブルー・マーダー)のオススメ曲は、『we all fall down』です。

 

この曲は、疾走感溢れる名曲となっています。
ハードロックを体現してきたギタリストだけあってメロディー選びのセンスが素晴らしく、バックを支えるトニー・フランクリンとカーマイン・アピスの演奏も安定感があります。

 

まだ、Blue Murder(ブルー・マーダー)を聞いてことがない!という方は、是非一度視聴してみてください^^

まとめ

 

こちらではメタルバンド「Blue Murder(ブルー・マーダー)」について、結成からおすすめ曲まで魅力をたっぷりご紹介しました。

これを記事がメタルバンドについて、Blue Murderについて興味を持つきっかけとなれば幸いです。

 

また、メタルバンドについて他のバンドも知りたい!聞いてみたい!という方はなつかしの80年代メタルバンド【7選】にまとめてありますので是非読んでみて下さい♪

 

 

 

関連記事

  1. ネット発・出身のアーティスト8選【まとめ】

  2. YouTubeで人気のピアノ弾き語りカバー10選

  3. アメリカの人気バンド「Maroon 5(マルーン5)」ってどんなバンド…

  4. 日本の本格ジャズ

    日本が誇るおすすめジャズバンド【7選】

  5. 韓国の人気バンド

    韓国の人気バンド【まとめ】

  6. マレーシアのアーティスト「Talitha Tan(タリータ・タン)」と…

  7. ミュージシャンとアーティストの違いとは何なのか?

  8. ボカロとは?【今さら聞けない!どんな意味?】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA