DTM用のヘッドフォンの選び方とおすすめ

DTMに欠かせないのが
ヘッドフォンです。

スピーカーを
ガンガン鳴らせる
環境があれば
理想的ですし
ヘッドフォンで
曲を作っている人でも
ミックス時は必ず
スピーカーを通して
確認するべきですが
ヘッドフォンは重要です。

DTM用ヘッドフォンを選ぶ際のポイント

 

  • 原音を忠実に再生しているかどうか
  • 微細なノイズや歪みなどを判別しやすいかどうか
  • 長時間装着しても疲れないか
  • 耐久性が高いかどうか

リスニング用のヘッドフォンと違って
いい音で聞こえることが重要なのではなく
そのままの音を出してくれることが重要です。

リスニング用であれば
ゼンハイザーやAKGの
ハイエンドモデルを買っておけば
きっと満足できますが
DTMのミックス、マスタリング用に
それらのヘッドフォンを用いてしまうと
そのヘッドフォンで聴いた時は
いい音に聞こえても
安いヘッドフォンで聴いた時に
イマイチになってしまいます。

本当にいい曲は
再生する音響機器の質が高くなくても
いい曲であるものです。

ヘッドフォンの力でいい曲に
聞こえてしまっては
相手がどんな環境で聞いているか
分からないコンペなどでも
苦労することになるので
いい音で曲を作りたいという方は
リスニング用、モニター用
両方揃えるようにしましょう。

 

DTM用おすすめのヘッドフォン

SONY MDR-CD900ST

どこのスタジオにでも
置いてある業界標準の
ヘッドフォンです。

音楽業界の基本とも言える音が再生出来ますが
良くも悪くもそのまま出力するため
他のヘッドフォンで聴いた場合に
なんとなくいい感じに聞こえても
CD900STで聴いた場合は
耳が痛くなることもしばしばあります。

経験上音作りをしっかりしないと
トレブル辺りの周波数帯が
キンキンしたり
薄く感じることがあります。

audio-technica ATH-SX1a

SonyのCD900STと
同じくらいの価格帯ですが
こちらもフラットで使いやすいです。

イヤーパッドや
耐久性ではこちらに
軍配が上がります。

AKG K240MKⅡ

最近こちらのヘッドフォンを
使っているボカロP、作曲家の
人が増えているようです。

日本ではCD-8900STが定番ですが
海外ではこちらが
スタジオの定番だからでしょう。

900STもどちらも持っていて
K240MKⅡの方が
わずかに篭った音がしますが
装着感などの点から
個人的にはこちらの方が好きです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. DTM用の椅子の選び方とおすすめ

  2. DAWソフトのおすすめ

  3. DAWでおすすめのギター音源ランキング10【2019年】

  4. DAWでおすすめのベース音源ランキング5【2019年】

  5. DAWでおすすめのドラム音源ランキング5【2019年】

  6. ボカロとは?【今さら聞けない!どんな意味?】

  7. 宅録初心者におすすめのオーディオインターフェース5選!

  8. DAWでおすすめのピアノ音源ランキング5【2019年】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA