今知っておくべきガールズバンド7選【嬢メタル編】

最近では美しくかっこいい!
ガールズメタルバンド(嬢メタル)
が人気ですね。

こちらでは嬢メタルの
魅力をお伝えする為に、
今知っておくべき
ガールズメタルバンド7選をご紹介します。

どのガールズバンドも
個性があり嬢メタルの魅力が
たっぷり詰まっていますよ!

今知っておくべきガールズバンド7選【嬢メタル編】

皆さんは
ガールズメタルバンド(嬢メタル)
という言葉を知っていますか?

お嬢メタル、キャバ嬢メタル、
アゲ嬢メタルなどが、省略されて出来た
キャバクラ嬢風のビジュアルを持つ
ヘヴィーメタルバンドを指す言葉です。

本格的なメタルのバンドもあれば、
ビジュアル系バンドの女性版と
いったニュアンスまで様々ですが、

この
ガールズバンド戦国時代の注目ジャンルです。

今回はそんな嬢メタルバンドの中から、
私が厳選した注目バンドを7選を紹介します。

  1. Aldious
  2. Cyntia
  3. Mary’s Blood
  4. BRIDEAR
  5. LOVEBITES
  6. BAND – MAID
  7. SHOW-YA

Aldious


Aldious(アルディアス)は、
2008年から活動している
ガールズヘヴィメタルバンドです。

ギャル系ファッション雑誌
「小悪魔ageha」のようなファッションで、
新宿の歌舞伎町の
キャバ嬢のようなバンドです。

リーダーのYoshiの意向により、
ライブや服装がとても派手なのが特徴です。

バンド名のAldiousは、
「Ultimate Melodious」(究極の旋律)
略した造語となっています。

また、2012年には
イメージカラーがブラックの
ボーカルのRe:NO(りの)が新たに加入しました。

加入前はガールズユニットや
ロックバンドのボーカルをしており、
ファッション誌の読者モデルとして
活動していましたが、
ヘヴィメタルの歌唱はしていませんでした。

以前の経験を踏まえた柔らかいブレスと、
ヘヴィメタルらしい棘のある声を使い分け、
聴き手を魅了しています。

Cyntia

Cyntia(シンティア)は、
4人組のガールズメタルバンドです。

バンド名は、
月の女神アルテミスの
別名Cynthia(キュンティア)の
英語読み「シンシア」と、

高貴な女性が被る冠の
Tiara(ティアラ)を掛け合わせた造語で、
ボーカルのSAKIが考案しました。

SAKIは、
絶対音感を持つ生粋のアイドルという
キャッチフレーズを持っています。

また、
プロ野球オリックスバッファローズの
大阪ドーム公式戦最終戦で
国歌を独唱するほどの実力があります。

ギターのYUIはテクニシャンであり、
相川七瀬のサポートメンバーを
担当していたという経歴を持っています。

他に、マルチプレイヤーである
キーボード担当のAYANO、
ハード系のベーシストAZUがメンバーです。

Cyntiaは、
衣装とサウンドで人々を虜にし、
ツンデレメタルとも呼ばれています。

Mary’s Blood

Mary’s Blood(メアリーズブラッド)
日本のガールズメタルバンドで、
その名前はカクテルである
ブラッディ・マリーに由来しています。

DESTROSEに在籍していた
ヴォーカルのEYE(あい)は、
L’Arc~en~cielのhydeを
リスペクトしています。

ギターのSAKIは速弾きを
得意とするギタリストで、
80年代ポップスを好んでいます。

ベースのRIOは黒夢を、
ドラムのMARIはX JAPANを
それぞれリスペクトしており、
影響を受けています。
MARIは、2バズドラムを得意としています。

結成当時の2009年は5人組でしたが、
2012年の9月から現在の4人編成で
活動をしています。

2013年3月に、
アメリカのテキサス州ヒューストンにて
行われた大規模フェスのメインアクトとして
出演しました。

メジャーデビューは2014年で、
同年9月に
マーティ・フリードマンの日本公演にて
オープニングアクトを務めました。

BRIDEAR

BRIDEAR(ブライディア)は、
2011年に福岡で結成された
5人組のヘヴィメタルガールズバンドです。

メンバーはヴォーカルのKIMI、
ギターの美弦とMisa、ベースの晴琉、
ドラムのKaiです。

BRIDEARは、
日本だけでなく海外でも活躍をしています。

2017年の2月にはヨーロッパツアー、
4月から全国ツアーを回りました。

力強いヘビィメタルサウンドに加え、
ガールズバンドとしての
女性らしいサウンドが見事に
融合したサウンドを作り上げています。

ドラムKaiの圧巻のバズドラに加え、
80年代メタルを基調としたベースサウンドによる
独特な音楽を作っています。

LOVEBITES

LOVEBITES(ラヴバイツ)は、
2016年に結成された
ガールズメタルバンドで、

ヘイルストームの楽曲
「ラブ・バイツ(ソー・ドゥ・アイ)」
から名付けられた名前です。

メンバーは、
ヴォーカルのasami、ギターのmidori、
ギター・キーボードのmiyako、ベースでリーダーのmiho、
ドラムのharunaの5人です。

このうち、
mihoとharunaは元DESTROSEであり、
この2人を中心に結成されました。

2018年8月にドイツで開催される
世界最大級のヘヴィメタルフェスティバル、
ヴァッケン・オープン・エアに

日本人女性のみの
ガールズヘヴィメタルバンドとして初出演
することになっています。

英国のメタル専門誌、
METAL HAMMERが主催する
Goldren Gods Awardsの
ベスト・ニュー・バンド部門にノミネート
されるなど、

日本国内だけではなく海外でも
活躍の幅を広げており、
その実力を認められています。

BAND-MAID

BAND-MAID(バンドメイド)
2013年に結成された
ガールズメタルバンドです。

メンバーは
ボーカルのSAIKI、ギター&ボーカルのMIKU、
ギターのKANAMI、ベースのMISA、
ドラムのAKANEの5人です。

メイド風の衣装が特徴で
渋谷のライヴハウスを
拠点に活動していました。

コンセプトは
「かわいいメイド服とハードでロックな楽曲というギャップが楽しめるツインボーカルバンド」
となっており、ライブを「お給仕」
ファンを「ご主人様」「お嬢様」と呼んで
メイドの世界観を演出しています。

ビジュアルとは相反する
ハードロックを基調とした演奏や
激しいライブパフォーマンスが
人気を呼んでいます。

2018年には
日本クラウンヒット賞“2部門”で受賞
ますます注目が集まっているバンドです。

SHOW-YA

SHOW-YA(ショーヤ)
1981年に結成された
女性5人組のロックバンドです。

1980年代から、
ガールズバンドの先駆者として
牽引してきました。

バンド名には「ショーをあなたに」
「あなたに魅せる」という
意味が込められています。

活動は、1981年から1998年、
そして2005年から再始動し、
現在も続いています。

現メンバーは、ボーカル寺田恵子、
キーボードの中村美紀、ギターの五十嵐美貴、
ドラムの角田美喜、ベースの仙波さとみです。

妖精帝國

妖精帝國(ようせいていこく)は、
1997年に結成された
ゴシック系のガールズメタルバンドです。

メンバーは
ボーカルのゆい、ギター&キーボードの橘 尭葉、
ベースのNanami、ドラムのGight
の4人で構成されています。

妖精の存在を信じなくなった人間が増え、
荒廃しつつある妖精帝國を再興させるため
という設定でバンドが結成されました。

メンバーには階級が存在し、
ファンは臣民、ライブは式典と呼ぶなど、
さまざまな設定があります。

2009年にライブイベントや
TV出演をきっかけに、
知名度が上昇し、テレビアニメや
ゲームのタイアップを数多く持っています。

なお、ゴシックメタルバンドとして
始動したのは、2015年からです。

まとめ

今知っておくべきガールズバンド7選を
【嬢メタル編】としてご紹介しました。

どの嬢メタルにも個性があり
それぞれのバンドに魅力があります。

今回は嬢メタルのバンドから

  • Aldious
  • Cyntia
  • Mary’s Blood
  • BRIDEAR
  • LOVEBITES
  • BAND-MAID
  • SHOW-YA
  • 妖精帝國

の7選をご紹介しました。

嬢メタルのカッコよさにハマること
間違い無しです(^^)

この記事を読んだ皆さんが
ガールズメタルバンドに
興味を持つきっかけになれば嬉しいです。

関連記事

  1. 意外に簡単!ギターの“弾いてみた”動画の作り方

  2. ニコニコ動画で人気なボカロ曲の「歌い手」とは?【オススメの歌い手と共に…

  3. ガールズ・バンド

    今知っておくべきガールズバンド5選【インディーズ編】

  4. 作曲の順番【どの楽器パートから作るのがおすすめ?】

  5. 思わず真似したくなる「ギター弾いてみた」のおすすめ15選

  6. メタルバンド「IRON MAIDEN(アイアン・メイデン)」ってどんな…

  7. ドイツの人気バンド

    ドイツの人気バンド【まとめ】

  8. ビギナーにおすすめのベースアンプ5選

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA